FC2ブログ

中野耕志 写真家日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

D7100漬け

3月にD7100が発売されてからというもの、D7100を使い込む日々。
もちろんカタログ撮影からの付き合いだから、一番使い込んでるのかもしれないね。
月刊誌やムックなど、いろいろ登場させてもらいました♪

昨日、一昨日は成田空港でGANREFのレビュワーさんたちとのヒコーキ撮影会。
ニコンイメージングジャパンから貸与されたD7100と80-400mmが並んで壮観でした。

ホテルはマロウドインターナショナル。
RWY16運用だったので、見下ろしアングルを楽しんだ♪

D71_2900s.jpg







4月中旬から5月初旬は、季節がめまぐるしく変化する時期なので、野鳥撮影も飛行機撮影も大忙し。
長野~富山~新潟などに行ってたりもした。










富山空港。剣岳バック。
D8A_1135.jpg










オオルリ。きれいだな。
IMG_9448s.jpg









成田空港。鯉のぼりならぬ、うなぎのぼり。
D8A_0886.jpg











ムーンショットは、D7100(1.3xクロップ)と、ニッコール800mmF5.6!
001.jpg

実写レポートは現在発売中のデジタルカメラマガジン&エアライン誌にて!

黒ハチゴローさん、もの凄くいいレンズです。。。
ほしいなー。











***掲載誌情報***


*ニコンD7100完全ガイド(インプレスジャパン)
1112102035-170x.jpg

D7100を使いこなすための完全ガイド。
巻頭ギャラリーはもちろん、付録の小冊子「D7100 プロはこう使う」の動体撮影編ほか、たくさん担当しています♪





巻頭ギャラリーは、3月のランカウイで撮ってきた飛行機&野鳥写真。
003.jpg

D7100の鮮鋭感&捕捉力をとくとご覧あれ♪










*D7100スーパーブック(学研 CAPA特別編集)
1861001400.jpg


CAPAムックでは、D7100と80-400mmによる野鳥撮影について4Pほど担当しています♪



D7100ともども、是非ともお買い上げくださいませ♪






さーて、来月は久しぶりのヨーロッパ。
そろそろ準備に取りかからなければ。。。












スポンサーサイト

テーマ:航空機 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/27(月) 22:04:19|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<ライチョウと高山の鳥 | ホーム | 成田とか羽田とか>>

コメント

こんにちは。

どれも素晴らしい作品ばかりで感動&感動です。

D7100はバッファ容量が大きければ購入してました。当方、DXの旗艦が登場するまでは老兵、D300sで頑張ります(笑)


下世話なハナシですが、キヤノンも並行して使っているのでしょうか?それとも日本光学へ完全移行でしょうか??
  1. 2013/05/29(水) 15:28:07 |
  2. URL |
  3. ふぉとみっく #-
  4. [ 編集 ]

>ふぉとみっくさん。
ありがとうございます♪

たしかにカメラの体力があるにこしたことはないのですが、D7100の画質はD300sとは段違いですね。
撮影時の気持ちよさをとるか、仕上がりの良さをとるか、といったところでしょうか。

一部の機材は手放しましたが、まだキヤノンも持ってますよ。オリンパスや他のカメラも使ってますし、撮影目的に応じて使い分けてます。

先日の撮影でもEOS7Dと800mm使ってますし。。。
  1. 2013/05/29(水) 21:34:18 |
  2. URL |
  3. Koji Nakano #kTmxNSgk
  4. [ 編集 ]

いつもすばらしい写真をありがとうございます!
今月号のエアラインのランカウィの撮影ガイドはてっきり中野さんかと思っていました。(^^;;
一本しかないRWなのにみごとな環境なんですね。
エアショーが人気なのもわかりますね!
  1. 2013/06/04(火) 22:18:46 |
  2. URL |
  3. YAS-3 #0W55Ocl2
  4. [ 編集 ]

>YAS-3さん
ありがとうございます♪
ランカウイは、現地人以上に真っ黒に日焼けしたスーさんがお伝えしました♪
  1. 2013/06/05(水) 21:14:49 |
  2. URL |
  3. Koji Nakano #kTmxNSgk
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/05/17(土) 20:50:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

書き忘れたことがありました

 先ほどのコメントについてなのですが、手持ちオンリーと考えています。
 タムロンの150-600は手ぶれ補正が3~4段分の効きだそうです。サンヨンにはTC14をつけようと考えています。明るさと手ぶれ補正はどちらが大切か、度々になりますが、よろしくお願いします。
  1. 2014/05/17(土) 22:04:34 |
  2. URL |
  3. 立石 #bL9YzQJY
  4. [ 編集 ]

立石さま
ブログならびにコメントを放置させてしまい、申し訳ございません。

野鳥写真とひとくちにいっても、何をどう撮るかによって必要な機材や撮り方が変わってきます。

画質面ではサンヨン単体がいいと思いますが、焦点距離が短いですね。現行テレコンを使うより、クロップするほうがいいとは思います。

150-600mmはおそらくf値の暗さがネックになるでしょう。使ったことがないので実際のところはわかりません。

Nikon1V3と70-300mmや、OM-Dとプロミナー500mmF5.6という組み合わせも面白いです。
  1. 2014/06/19(木) 05:56:53 |
  2. URL |
  3. Koji Nakano #kTmxNSgk
  4. [ 編集 ]

いつもありがとうございます。

 いえいえ、憧れの中野さんとネットという場で繋がれたことが大変嬉しいです。質問に答えていただきありがとうございます。
 どの機材を買うか悩むプロセスは楽しいものです。そのことに関してまたまたいくつか質問があります。
 nikon1の画質はよいのでしょうか?画素ピッチが狭いので特に高感度性能がきになります。
 他のコメント欄にVRはあまり必要ないと書かれていたのですが、何ミリくらいから、またどのもうな被写体の時に必要と感じますか?
 野鳥に近づくコツはなんですか?
 今の旬はなんですか?
 アカショウビンはどのような環境を好むのですか?
 ちなみに被写体は主にカワセミなどの小さい鳥や猛禽類です。質問だらけですみません(^.^;
 
  1. 2014/06/21(土) 19:43:54 |
  2. URL |
  3. 立石 #bL9YzQJY
  4. [ 編集 ]

Nikon1V3はV2よりかなり画質は上がってますね。
一眼レフより高感度は弱いですが、ミラーショックがないぶんブレには強いですね。手持ち撮影のスタイルならオススメです。

Nikon1に限らずですが、機材にムリをさせない撮影条件下で撮るのが最良のテクニックだと僕は考えます。

暗いところでも撮りたいという気持ちもよく分かりますが、ムリな撮影条件で撮った場合に良好な結果を残せるのかを考える必要もあるかと思います。

良好な撮影条件下を揃えられればどんなカメラでもいい写真を撮ることができますし、条件を揃えられなければどんなカメラを使ってもいい写真を撮ることはできません。
たとえば、被写体までの距離が近くて光線状態や背景処理が的確ということですね。

僕の撮影テクニックの本質は、最良の撮影条件を引き当てることにあります。そのテクニックは被写体をじっくり観察することで得られるもので、近道はありません。

野鳥の撮影地などを人に尋ねるのはたやすいことですが、パッションを長続きさせるためには被写体との出会いの感動が必要だと思います。
僕は中学生の頃、カワセミごときを探すのに3ヶ月かかりましたが、フィールドを歩きながら一つ一つヒントを拾いつつカンを養っていくことが、大いに役に立っています。
それは努力とかつらいとかいうことでは全くなくて、むしろ狩りに近い楽しい作業です。

VRについては時と場合によりますが、とまっている被写体で、シャッター速度が1/125秒以下になるときはONにすることがありますね。被写体が動いているときは被写体ブレが起こるのであまり意味はないですね。

野鳥に近づくコツは、「近づくのではなくて近づいてもらうこと」です。鳥は接近すると逃げますので、行動を先読みして待っていれば近くまで来てくれることはあります。それでもダメならあきらめることも肝心です。
撮らせてくれるかどうかは相手との相性ですので、ムリな接近や長時間の居座りは逆効果です。

光線状態や背景が悪いときに、ムリに接近したりカメラを向けたりして無駄な警戒心を与えないことや、相手の進路や生活を邪魔しない姿勢を見せれば、きっと近くで撮らせてくれますよ。
相手は感情を持った生きものなので、相手が嫌がることをしないよう心がければ、いい表情で撮らせてくれると思います。

繰り返しますが、野鳥撮影は撮影技術より観察技術が肝です。
野鳥撮影の楽しさを知ったら、ぜひいい双眼鏡や望遠鏡を携えて、観察の楽しさも知ってみてください。結果的に写真の仕上がりに違いが出てくるはずですよ♪
  1. 2014/06/22(日) 20:07:23 |
  2. URL |
  3. Koji Nakano #kTmxNSgk
  4. [ 編集 ]

 こんなに素晴らしいご回答ありがとうございます<(_ _)>撮影の前にある大切なものに改めて気づきました。「デジタルカメラによる野鳥の撮影テクニック」を何度も読まさせていただいていたのに信頼関係についての認識があまかったです。また、勉強(?)させていただきます♪
 ここで、自分について話させてもらいます。自分も集団での撮影や野鳥にストレスを与えるような撮影を嫌います。小さい頃から自然が大好きで、図鑑を読んだり近所で野鳥や蛇を観て遊んでいました。野鳥撮影を始めたのはつい最近のことです。きっかけは本書の中にあったアカショウビンの写真です。単純に、こんな写真撮ってみたいと思いました!しかし、まだ「狩りのような」本当の楽しさには達していないように思います。
 僕もこの先野鳥と長く付き合えるようなつき合方を学んでいきたいです。
 
  1. 2014/06/23(月) 22:41:36 |
  2. URL |
  3. 立石 #bL9YzQJY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jetscape.blog6.fc2.com/tb.php/321-d8b12958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Strix

Author:Strix
ヒコーキ写真家ときどき野鳥写真家、ところにより風景写真家の中野耕志です。お仕事のご依頼はstrix56@gmail.comまで♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (33)
飛行機 (188)
メエメエさん (28)
野鳥 (62)
風景写真 (14)
掲載誌 (23)

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。